Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

6月の初打ち合わせから約2ヶ月、M邸のお庭改修工事が無事終了しました。
と言っても先月の事ですが。。。

今回はサンルームを新築し、バーベキュー好きなお父さんの為にも、バーベキューしやすい様に改修して欲しいと言うご依頼を頂きました。そして出来上がりはこちら!
Img_56f34b299f970dfcaf8508716525f870
元々庭の奥にはウッドデッキスペースがあり、本来はそこでバーベキューをする目的で設置したそうですが、やはり屋根が無いので天候に左右され、ここ最近は延期に次ぐ延期。お父さんが心底ガックリしているので、一刻も早くサンルームを!とお願いされました。
そして初回の打ち合わせで既に「次回のバーベキューの予定日」を伝えられ、それに向けてスケジュールを組みました。全てはお父さんのために!
Img_d7e429376be1fb6056d515a46396697c
Img_3328496908c4b89ec84637a10f7f9a5b
左がbefore、右がafterです。
窓下にあった踏段の段差を解消し、植物の緑が映える石張り舗装にした事で、ぐっと広がりが出て、何ともリゾート地の様な心地よい風景になりました。
ちなみに、庭の植物も良いように切ったり植えたりして下さいとお願いされたのですが、とんでもない!きれいな樹形のハナミズキ2本がのびのびとこの場所で育っているのを見て、植物には一切手を入れないと決めました。時に「±0」の決断も重要です。但し、サンルーム設置にあたっては、樹木の根を傷めて現在の状態を損なう事が無いように。それだけは気をつけて設計、工事を進めて行きました。

完成日にはご家族で、早速バーベキューパーティーをされたそうです。
風通りも良くて気持ちのいいサンルームの椅子に座らせて頂きながらお施主さんと世間話をしていると、時間を忘れて「生中下さい。」とオーダーをしてしまいそうになります。

植物の好きなお施主さんとのお話も毎回楽しくて、いい現場でした。
終わってホッと一安心した後は、何だか一抹の寂しさもあり「また来ます。」とご挨拶をして、引渡しも無事終了しました。楽しい仕事でした。
毎日毎日溶けてしまいそうな暑さが続いておりますが、今週も匠は現場に行って参りました。
そして、
やっと完成ーーーー!
タイヤをこうしてゴロンゴロンと4つ収納できるようになっております。
緊張の初入れの瞬間。
ちなみに本日は男手の助手を連れております。
Img_c157fde813ddce8897a4d265ee077000
Img_e559c6321e5e83629df048309928b072
入ったどーーーー!

但し、見てお解りかも知れませんが、側面の小扉の材料、寸法、納まりに対して作成中に何度も迷いが生じてしまったばっかりに、頭がコンガラガッて左右で噛みあわせが違うし、下の隙間がえらいあいてる(涙。。。さすがにこれはすみませんと謝りました。。。
そして、この扉を取り付けている最中に緊急地震速報が鳴り響き、「どこに避難しましょうか~」なんて現場に居合わせた職人さん達と悠長な事を言いながら最後の仕上げをしました。
結果的には地震速報は誤報だったようで安心しましたが、いい予行練習になりました。

明日でこの現場の、改修したお庭も完成する予定です。
お庭はとってもきれいに仕上がっているので、また出来上がりを報告したいと思います。
明日が楽しみです。
今週も匠は現場に出動してきました。
やっとここまで出来たどー!
Img_9568230aa566e4aa422fa740d481f1e6
ちなみに、この棺おけのような箱、これはタイヤを4つ収納する為の格納庫となりガレージの片隅に設置される予定ですが、車のサイズとガレージのサイズがギリギリの寸法なので、数ミリ単位で頭を抱えながら作っております。
万が一数センチでも大きくなったら、車を入れた後にガレージの門扉が閉まらなくなると言う可能性がある訳で。。。作業をしながら脳内では「ギリギリでいつも生きていたいから、さぁ♪」と鳴りびく青春アミーゴなBGM。出来上がって車を入れた時に、果たしてどうなるか!?
万が一門扉が閉まらずブチ破った場合は自宅に持ち帰り、いつの日か向かえる最後の時の為の匠の棺おけにしようと思います。
来週は塗装&扉と蓋を付ける仕上げに取り掛かります。
京都は祇園祭が終わり、いよいよ夏本番、毎日暑い日が続いております。
そして、先週から現場の工事が始まりまして、私は時々現場に出向いては慌しくしている今日この頃。
今回のご依頼は「お庭の改修」ですので、もじゃハウスではありませんが、元々の専門はもちろん造園ですのでやはり庭の設計は楽しいです。

と、
今回は設計&監理だけではなくて、なんと、廃材を利用して収納庫を作る作業を『ガーデンのマエストロ』事、私、匠自ら出向いて奮闘中です。
Img_a77cd4bba5b4fc75e6eb2272d1391365
これは匠始動の初日です。
思った以上にあれこれと上手く行かず、現在は作戦練り直し中ではありますが、工事自体は来週中には終了する予定ですので、匠の作業も何とか今週中には目処をつけたいところ・・・。
DIYもコツを掴むまでは中々大変です。

しかし、久しぶりに現場作業をする時間は結構楽しいですね。
大学生の頃は日本庭園の刈り込み実習と言うものが毎週ありまして、地下足袋を履いて「だるいわー」とボヤキながら木に登って枝を切ったり、池の落ち葉をすくったりしていましたが、今思えばそれも楽しい時間だったような気がします。
と、まあ、それも偶にしかやらないって言うのが楽しめるポイントですね。

出来上がるのが楽しみです。
天気がもってくれたら良いなあと思っています。
Img_dd4f8c1afac0208a23359a13ea7582bc
もう2月になってしまいました。今日が2013年最初の日記です。

今までブログ形式で街で見かけたもじゃハウスを紹介してきた「もじゃハウスプロジェクト」というこのホームページの名前を、今日から「もじゃハウスプロダクツ」に変更する事になりました。
なんと、いよいよこの4月より「もじゃハウスプロダクツ」と言う名前の設計事務所をオープンする事になったからです!!そして、ここを引き続きもじゃハウスプロダクツのホームページとして使っていく事になりました。

事務所の開設、引越し等々、やる事は山のようにあるのですが「まずは宣伝から」と、写真のチラシを作り、京都、大阪のカフェやインテリアショップに置かせて頂いております。どこかで見かけられましたら、どうぞ手にとって頂けると幸いです。

もじゃハウスを建てたい!
そんな風にピンと来て下さる方の登場を、ドラフト待ちの高校球児のようにドキドキしながら心待ちにしておりますので、どうかよろしくお願いします。

ちなみに、これからしばらくは事務所開設までの進捗日記になりそうです。。。