Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

Img_3087cf390d6ebfbcaa271f39a8fb3400
今日からお盆休みに入りました!年明けから新刊の発売に合わせて極限まで休日を削り、慌ただしい日々を過ごしておりましたが、やっとゆっくり過ごす時間が取れております。嬉しい。。。もじゃハウス®プロダクツの活動を知って頂ける機会があり、全力疾走する日々も楽しいものですが、やはり、休息は大事だなと、今年の多忙な初夏にフラフラになりかけながら思いました。身、ひとつ、一人きりの個人事業主は特に、健康も仕事のうちですね。

そして、6月のホホホ座さんでのイベントを無事に終え、その後、店長さんのご厚意で7月いっぱいまで模型や原画の展示をさせて頂きました。
Img_fb61fa4cef33856f726f9b4a769a102d
もじゃハウス®グッズの特設コーナーも作って頂きまして、スタッフさんがあーでもない、こーでもないと真剣にレイアウトして下さる様子は心震えるものがありました。
6月のもじゃもじゃ月間の準備期間中、大阪北加賀谷の名村造船所跡地で行われたアジアブックマーケットの会場に行ったのですが、店舗に立たれている姿しか拝見したことがなかったお取扱い書店のスタッフさんたちが、イベント会場で各々のブースを立ち上げて販売していらっしゃるのを見たときに、自分の作った本を色んな場所、色んなかたちでお客様に届けようとして下さっているんだという事を知り、とっても感動しましたが、その時と同じように、本を作って納品するだけで売れてるのではなく、納品した後に、スタッフの皆さんが「売る努力」をして下さっているという事を知る機会が得られたことも、ホホホ座さんでのイベントの大きな収穫だったなと思います。
ちなみに、ホホホ座さんでは本と合わせて、じゃハウスの小箱やポストカード、缶バッチなども引き続き販売して頂けることとなりましたので、京都へお越しの際にはぜひ、店舗にお立ち寄りください。ここでしか買えないものがたくさんある、楽しいお店です。

■ホホホ座浄土寺店
京都市左京区浄土寺馬場町71 ハイネストビル1階・2階(銀閣寺道より徒歩7分)
営業時間:11:00~20:00(無休)
 (Click!) 


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
Img_0166ec6f591eaad510b1323c7fdb1d72
1月から続いたDIYの日々もすっかり落ち着きまして、DIY日記はこれにて終了です。でもその前に、ディティールって言うか、使っている様子をご紹介したいと思います。まあ、これは完全なる自己満足の「我が子を見てくれ!」状態の内容である事は自覚しておりますけども。。。
小さいながらもキッチンカウンターも便利に使っていますし、食器用の棚には採寸通りにコーヒーカップが納まり、テレビボードの色も馴染んでいい感じです。
Img_80824ca6a1a51851a083c4f778524267
Img_ccf91650f56dc9ecf572919da7a9788d
Img_4c4bda017a861db82197a3b6eff53963
Img_ad4f96e7a23e47f9b3dc47c00cd63bd2
ちなみに、友人、知人には何よりも「テレビボード」が男女問わずに好評でして、このシンプルさがいいのだろうか?と、カラフルにキメた棚やキッチンカウンターよりも地味なテレビボードの注目度が高い事が以外でした。
テレビボードの表面には蜜蝋ワックスを塗っているので多少の水分は弾いてくれます。時々飲み物のグラスを置く事もありますが、今のところはシミにもなっていません。塗装をして表面をコーティングする事はシミや汚れから守って、長持ちさせる事にも有効なので、無塗装の木の色や質感は捨てがたいのも確かですが、やはり私は塗装又はニスやワックスでコーティングする事は絶対必要だと思っています。

と、熱く語ってしまいましたが、今回は全て女で一つで完成させていますので、人間やる気になればこれぐらいは出来ると、そこが一番の収穫でした。
出不精の私には、自宅で過ごす時間が一番心地よい時間です。
Img_87167a37317c7da05cf1572719f73afb
お疲れ、自分。
DIYで家具が完成して、すっかり人間らしい生活が送れるようになった我が家ですが、それでもやっぱりもじゃハウスとして生活に植物は欠かせません。NO Moja,No Life!
と言う訳で、先日観葉植物を購入しました!
ドヤッ
Img_302615a69e85bccb8e28dcda0dabc69a
今回は2つ。
でも、将来的にはもっと増やす予定です。
『が、』
私は緑を専門にした仕事をしている割に、植物をよく枯らす女でして。。。だけど最近は樹木医の為の勉強をしているので、樹木の性質について理解も深まっているし、きっと大丈夫!と、信じながらお世話を頑張りたいと思います。
それにしても力に満ち溢れた見事な樹形だと思いませんか!?
知人に「凄いモジャモジャな、いいお店がある」と教えて貰いました。
京都は二条城の近くにある、観葉植物のお店コトハさんで購入しました。

『Cotoha -Plants & Antiques-』
〒604-8381 京都府京都市中京区西ノ京職司町67-38
11:00 - 18:00(火曜定休日)
 (Click!) 

今まで、世の中の観葉植物の多くは真っ直ぐだったり、編み込まれていたり、人間の手を入れて造形されたものが殆どでしたが、こちらのお店で扱われている植物は、樹木自身の成長に任せた自然な樹形のままのもの。こういう植物こそ、生命力があって人間にも力をくれると思っている私には本当に理想的なお店でした。
そして、届いた植物を並べて部屋を眺めると、やっぱりある時とない時の違いは大きいと思いました。

■before
Img_87fc379afc4e8aae0a19d442720ec4d4
■after
Img_e3be90462af80d6d46a188e9f8defbf8
Img_5b21a23d761fbdbe932c2ef09b2c44de
次はふんわりと茂っている、葉っぱの小さいつる植物を2、3鉢探しに行こうと思っています。
部屋らしくなって嬉しいー!
DIY家具作り最後は、女なら必ず憧れるキッチンカウンターです。
イケアのカタログに載っているキッチンには必ずカウンターが登場していますし、欧米のインテリアを紹介した雑誌にも、これまた必ずと言っていい程登場する、「おしゃれな人必須アイテム」の代名詞だと私は勝手に思っていますが、今回は電子レンジを格納している無印良品のシェルフを覆う形のカウンター収納を作りました。
天板はカウンターらしさが出るように、木目がきれいな杉集成材を使っています。凄くいい香り。同じような木目でパイン材が有名ですが、そちらはお値段が張ったので、今回は安いこちらの材にしました。
色は黄色でド派手やで。
Img_e3bb6582a044945ce6edc70cf90dc14e
Img_ff22d75cb5da09d92a1b3459cb8bd171
Img_43135ba7da7e65ececa8769237195f59
ただ、今回は黄色のペンキ塗装をした部材の小口をどうするべきかでとっても悩みました。そんな迷いが形になり、塗装しないでマスキングテープを貼ったものの、やっぱりバリが出て中途半端な仕上がりになってしまったのは左側。
逆に黄色で塗ったものの、これまた中途半端に木部の質感が出て、汚い仕上がりになってしまったのが右側です。そして、コーナーにも右と同じく中途半端な汚い仕上がりの箇所がお目見え。
これはどうしようかなあ・・・。
Img_ed9fd359dd1011c34333cd68103de3b3
Img_f7dbf0e9b4104961cc7828bb1ad4562f
Img_6edf97bec8dec205d7ecfe2a1432f442
Img_8bbaa0bfabed0e6544da4568a8684e2d
そんな悩める私を救ってくれたのが、ホームセンターで見つけたこちらの材料。とっても薄いヒノキの板です。幅は今回使用した木材と同じ1.5mmのもの。
これを丁度いい長さに切って、木工ボンドで張り付けただけですが、何という事でしょう!
Img_659247f6fb3489d6c0241cf454058d71
Img_1138e72d234ff61d0c84a7c5ab2fcbe0
見違えました。
素晴らしい。
そんなこんなで完成しました。
リビングに向かって電子レンジの背面がゴリッと丸出しになっていた味気ない状態からの、素晴らしいビフォー&アフターです。大きいカウンターではないけれど、これだけでも十分に台所仕事の効率がアップしました。
Img_bbec6d80c1720316d3f2625ad69d680f
Img_dc0f682ec06a694107585549a12a271c
Img_0884deeb3e5a641170700d3050ecd874
■費用:合計1万円
(内訳/木材が約8千円、塗料代が約2千円)
■日数:1日
(内訳/カット木材使用で、組立、やすりがけ、塗装の3工程)
■仕様:
天板/
材料)厚18mm香杉集成材
塗料)水性ニスクリア

棚板/
材料)厚15mmシナランバー、
塗料)水性ペンキ
大みそか前日の12月30日、クリスマス明けに発注した木材が我が家に届きました。
年末のくっそ忙しい時期に、全ての木材を届ける為にクロネコヤマトのお兄さんを6往復もさせた鬼のような私ですが、今回は年末に引っ越したばかりの新居に必要な以下の3点を、正月明けから丸1週間かけて作りました。

1)食器棚&飾り棚
2)テレビボード
3)キッチンカウンター

まずは1の食器棚&飾り棚です。
Img_3f6e274bf3c3136d3e22c3cddf4e23ce
部屋に出っぱっている柱に幅を合わせた飾り棚(兼本棚)と、キッチンの横に並ぶ冷蔵庫に長さを合わせたカップボード代わりの棚を組み合わせたL型の棚です。
21mm厚のシナランバーとシナベニヤで作りましたが、塗装の色をどうするかと言うのは一番悩むところでして、途中でこうして積み上げて様子を見たりしながら、随分と悩みに悩んで仕上げたので、出来た時はとても達成感がありました。
Img_96aced3e0d449de31daaf91206d51bba
左は扉付きの収納になっています。
ここにベランダで使う園芸用の肥料や、ペットのザリガニのエサなどを仕舞っていますがなかなか便利。あと、これは私の指示ミスで、その収納の上部分、天板の長さが微妙に足りない・・・。
まあ、こんな事もありますね。
いずれここにはモサモサの観葉植物を置いて、その失敗箇所が目立たないぐらい緑で覆うようにしたいと思っていますけど、それにしても、迷いに迷って決めたオレンジ色は中々いい発色だったなあと自画自賛しています。これは黒板塗料を使い、ローラーで6度塗りぐらい、とにかく塗り重ねてきれいな色を出しました。
柱間にきっちり納まって、大変満足しています!ドヤッ
Img_9f6687ccdbe38ca7a040db18a2692aeb
Img_facb976b093f475d6a49c566b012d279
■費用:合計5万円
(内訳/木材が約3万円、塗料代が約1万円、その他工具等が1万円)
■日数:2~3日
(内訳/カット木材使用で、組立、やすりがけ、塗装の3工程)
■仕様:
カップボード棚(短手)/
材料)厚21mmシナランバー、
塗料)ステインカラー(水性)
仕上)みつろうワックス塗り

飾り棚(長手)/
材料)厚21mmシナベニヤ、
塗料)縦板:黒板塗料オレンジ、横板:水性ニスクリア