Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

年が明けてから何か月経ったのでしょうか。。。早いものでもう春目前です。
実は最近、雑誌の新刊の編集に取り掛かり始めようとした日から、不運にも胃腸炎を発症し、一週間強苦しみました。と思ったら、治りかけたタイミングで次は喉が腫れて、週末からデスボイスです。食事がまともに取れないのが一番つらいですよね。体力がどんどん減っていき、もうスライムすら倒せないんじゃないかと不安になる今日この頃です。

こうして、年末年始の疲れをどっと出し切って、新年度を晴れ晴れと迎えたい。そう、ポジティブに捉えて療養中です(涙)

思う様に進まない編集作業ですが、4月下旬~5月上旬には発売できるよう頑張りますので、今年もまたお手に取って下されば嬉しく思っております。
季節の変わり目ですので油断大敵ですね。
早く、力の付く物をもりもり食べて回復したいです。
前回の日記では風邪に苦しむ様子を綴り、心配をおかけしてしまいましたが、あれから気合で乗り切りすっかり元気になりました。
が、
雑誌House"n"Landscape第3号の制作に苦悩する日々で、先週から描いてる挿絵の方向性が見えず、昨日はとうとう夜に「うがあああーーーーっ」と爆発してしまいました。(八つ当たりとも言いましょうか…)今日は反省し、頂いたアドバイスを前向きに捉えて絵を描いたらやっと絵の完成が見えて来て、爆発ってしてみるもんだなと、いや、違う。ええっと、反省はするもんだなと思いました。八つ当たりはダメ、ゼッタイ!
そんな感じでスムーズには行っておりませんが、新刊の編集作業を頑張る日々です。

そして、新刊の中でも触れるつもりですが、この第3号をもってHouse"n"Landscapeは定期出版から不定期へと切り替え、次号は来年以降とさせて頂く予定です。
もじゃハウスプロダクツは3年目の今年は、もっともっと設計の分野で色んな挑戦をして行こうと思っています。そのためには設計に費やす時間がもっともっと必要で、どうしてもたった一人で作っている雑誌の制作を並行しては行えないと判断しました。本業の設計でがんばって、本当に完成したもじゃハウスを皆さんにも見て頂ける日が来る事が、ずっと私の目標です。

わくわくするような新刊をお届けできるように、引き続き編集作業もがんばります。