Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

Img_d4e7883ce3741f24279e6506ef3c4ddd
すっかり新緑の季節になりましたが、朝夕冷え込む日がまだまだ続く京都です。こういう時期に風邪を引いてしまうんだなあ。。。そう思いながら、毎日腹巻をして警戒態勢で過ごしています。

さて、先日とても素敵なお店のオープニングにお誘い頂き行ってまいりました。
大阪の池田市に出来たグリグリカフェさんです。
Img_4940c07663ab7a3f4c94b5ee1fc630c7
こちらは、荒木造園設計さんの敷地内に新たに併設されたカフェ&ギャラリーです。カフェ自体は荒木造園さんの経営とは別だそうですが、作庭等、荒木造園さんとパートナーとして一緒に作られたそうで、とても素敵なランドスケーピングでした。
石組みの庭ってお金がかかるので、このご時世中々見る機会も減って来たのですが、こちらは大きな石組みも素晴らしく、その間を縫うせせらぎもまた素敵だなあと思いました。
Img_3fc1412143ed7c03f666a0a46ee7cde0
ちなみに、建物のディティールもとても美しいと思いました。端部の納まりとか見切り材とか手すりとか、「どこ撮ってんねん」と言われそうな写真を大量に撮っている自分がおりまして、建築担当の方とお話をした時「納まりがとてもきれいですね」と言うと、「ええ、おかげで大変でした。現場の方が。」とおっしゃって笑ってしまいました。
図面に描くのも大変ですが、それを実行する職人さんが一番"泣きを見る"のが世の定めってやつですね。設計士はそんな職人さん達への感謝も忘れない様にしないといけないなといつも自分に言い聞かせております。
是非またゆっくり再訪しようと思っています。
Img_f3f06f1d6cd0e614e995ba778664f66b
5月29日オープン!

GULIGULI Cafe& Gallery  (Click!) 

〒563-0024
大阪府池田市鉢塚 2-10-11
TEL 072-734-7603
阪急宝塚線 石橋駅より徒歩10分
GW明けは夏日のような日もあり、今年は夏が来るのが早いかなあ、なんて思っていましたが今日は寒いっ!昨日も肌寒くて、今週はコートを羽織って出かける日もありますが、これは京都だけなのかしら・・・?
先日大阪に行った時には「温かい」と思った位に、やっぱり京都は盆地特有の難しい気候に悩まされる土地なのだなと思いました。夏は暑すぎて、秋も残暑が長く、冬は冷え冷えして、おまけに春は寒い。なんでこんな所に住み着いてしまったのだと思う日も無くは無い、そんな今日この頃です。
でも、京都にしかない景色、暮らし、時間がやっぱり魅力的なんですよね。

さて、本日は雑誌 House"n"Landscape で取材させて頂いた、二条駅近所の観葉植物のお店cotohaさんのニュースです。現在、~5/27(火)までの期間限定で京都伊勢丹8Fの生活用品売り場にてミニcotohaショップ出店中です。
Img_5e0fbecb1c271b0ed24353a89ea83cb1
中央エスカレーター、南エスカレータで上がると直ぐの場所に沖縄から仕入れたばかりの沢山の観葉植物が並ぶ、cotohaさんの店内を再現したような素敵な雰囲気のコーナーに仕上がっていました。そちらの会場では House"n"Landscapeも販売頂いております。
詳しくは、facebookでも情報を発信されていますのでご覧下さい。 (Click!) 

ちなみに、上記の写真は二条の店舗の店内です。
森でしょ!?凄いでしょ!?って、私は友人を連れて行くと必ず自慢(?)してしまいますよ。そんな私も友人から教えて貰ったお店なんですけどね。
連休明けから肌寒い日が続き、時には暖房を付けたりしながらも、実感の湧かない春を過ごしておりましたが、今週突然、京都は初夏になりました。暑い。。。

明日から6月だもの。
そりゃあ暑くもなるよね。
京都ではこの時期から、7月の祇園祭宵山と巡航に向けて動き出す気配があちらこちらで感じられるようになります。この気配を感じ取りながら「今年も夏が来たな」と思うのですが、京都の夏の始まりは祇園祭と共にやって来て、祇園祭の終わりと共に梅雨が明け、夏が本格化します。
京都の時間は暦と共に歩みながら流れているので、季節を忘れずに立ち止まることが出来るというのが、ここに暮らす良さですね。
とは言え、京都の夏は地獄の湿度なので息苦しくてとっても辛いのですが。。。

そして、私の方も雑誌House "n" Landscapeを出版して早1か月ちょっと経ちまして、時々反響もあったりしながら、次号に向けて動き出そうとしているところです。
創刊号で秘蔵っ子を大放出してしまったので、ネタ探しが大変で(汗、もじゃもじゃ建物の目撃情報がございましたら是非、お問い合わせページやメール等でご一報下さい!取材に行きます!

下の写真は春先に撮影した出町の鴨川デルタですけど、ここはもうすっかり水浴びの子供たちでいっぱいですよ。今日も暑かったから沢山の親子連れでにぎわっていました。
Img_fda58819aaa2095cc264dbfef5ac2901