Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

6月の初打ち合わせから約2ヶ月、M邸のお庭改修工事が無事終了しました。
と言っても先月の事ですが。。。

今回はサンルームを新築し、バーベキュー好きなお父さんの為にも、バーベキューしやすい様に改修して欲しいと言うご依頼を頂きました。そして出来上がりはこちら!
Img_56f34b299f970dfcaf8508716525f870
元々庭の奥にはウッドデッキスペースがあり、本来はそこでバーベキューをする目的で設置したそうですが、やはり屋根が無いので天候に左右され、ここ最近は延期に次ぐ延期。お父さんが心底ガックリしているので、一刻も早くサンルームを!とお願いされました。
そして初回の打ち合わせで既に「次回のバーベキューの予定日」を伝えられ、それに向けてスケジュールを組みました。全てはお父さんのために!
Img_d7e429376be1fb6056d515a46396697c
Img_3328496908c4b89ec84637a10f7f9a5b
左がbefore、右がafterです。
窓下にあった踏段の段差を解消し、植物の緑が映える石張り舗装にした事で、ぐっと広がりが出て、何ともリゾート地の様な心地よい風景になりました。
ちなみに、庭の植物も良いように切ったり植えたりして下さいとお願いされたのですが、とんでもない!きれいな樹形のハナミズキ2本がのびのびとこの場所で育っているのを見て、植物には一切手を入れないと決めました。時に「±0」の決断も重要です。但し、サンルーム設置にあたっては、樹木の根を傷めて現在の状態を損なう事が無いように。それだけは気をつけて設計、工事を進めて行きました。

完成日にはご家族で、早速バーベキューパーティーをされたそうです。
風通りも良くて気持ちのいいサンルームの椅子に座らせて頂きながらお施主さんと世間話をしていると、時間を忘れて「生中下さい。」とオーダーをしてしまいそうになります。

植物の好きなお施主さんとのお話も毎回楽しくて、いい現場でした。
終わってホッと一安心した後は、何だか一抹の寂しさもあり「また来ます。」とご挨拶をして、引渡しも無事終了しました。楽しい仕事でした。
いつも土日は休みなのですが、今日は午後から事務所で作業をしておりました。

と言う事は、
平日はいらっしゃらない2階の本屋『 NOT PILLAR BOOKS  (Click!) 』さんが開いてるなと思い、部屋を出たら目の前の廊下で店長さんにバッタリお会いしました。何か濃い引き寄せオーラでも出ていたのでしょうか。
立ち話のついでに、せっかくだから「もじゃハウス」の部屋の中を見学して頂くと、開口一番「広い!」と言われ、そこで初めて大きさが違う部屋がある事に気が付いたのが今日のトリビア。
どうも私の部屋は独立した位置にある為か、皆さんのお部屋よりやや広いのではないかとの事。でも、軍隊みたいな作り付けのベッドがあるので±0な気がします。NOT PILLAR BOOKSさんにはベッドが無いんですよね。偶に昼寝をしたり、腹筋をする時には役に立ちますが、普段はもれなくデッドスペースです。
見学後は私がNOT PILLAR BOOKSさんにお邪魔しまして、お勧めの新刊を見せて頂いたりしました。
実は最近、『もじゃハウスの営業ツールにもなり、もじゃハウス啓蒙活動ツールにもなり、そして読んでも楽しい。』そんな「もじゃハウス」をテーマにした雑誌を作ろうと思ったところだったので、やっぱり餅は餅屋だと、初めての雑誌作りについて店長さんに相談しました。
ちなみに、先日初めてインタビュー取材というものをしたのですが、思うように質問も出来ず玉砕。家に帰って有名雑誌をめくり「プロはこんなにも色んな事を聞き出せて凄いんだな。」と思いながら、一人反省会をしました。こうなったら何度も通うしかないだろ!と、何度か訪問し「その度に、戦時中に満州に住んでいた話を聞いているんです。」と、そんな話もしつつ、少し方向性のヒントも頂けたので今日は店長さんとお話できて良かったです。
いい本が出来たらいいなあ。

そうそう、
もじゃハウスの部屋の中には、銀杏BOYZの峯田さんが全裸寸前、ポロリ状態でお客さんに向かって歌っている、お尻丸出しの画像を拡大して貼っているのですが、店長さんに「この写真いいですね!」と言われてちょっと恥ずかしかったです。。。
実は今日は開業祝いの贈り物が届き、お尻写真以外にも、こんな本を隠し持っていた事はナイショにしておきます。
Img_531f41cc5a85512df969d67681142d4d
本の隣は私が今年のお正月に書いた書初めです。
独立するからには「捨身」で行くぞ!と言う気持ちを全力で書きなぐりました。
そんな私は峯田さんやエガちゃんの生き様に憧れていて、気合を入れる為のアイテムとして事務所にこっそり常備している訳であります。

エガヨガは難易度の高い上級者向きらしいって噂ですけどね。(まだ見てない!)
もう9月も終わろうとしていますが、京都はまだまだ暑い日が続いています。
先日、考え事に行き詰って事務所を飛び出し、京大の周りや白川通り近辺をあてもなく、ぐるーりぐるーりと歩き回っておりました。
私はどうも、歩きながら考え事をした方が捗る人間なのですが、30分以上、どこに続くかも分からない小道に入ってみたり、全く知らない場所に出たり、方角を見失ったりしながら時間を忘れて歩き回り、その間に色んな事を考えました。そして、とうとう喉が渇いてきたタイミングで「よし、まとまった!」と、考え事もひと段落し、事務所に戻ろうと向き直って歩き出した瞬間、目線が向いた足元に四葉のクローバーを発見しました。
ちょっとびっくり!
私は決して四葉探しの名人ではありませんが、そこにワサっと一塊だけ咲いていたクローバーの中の四葉とバッチリ目が合ったんです。四葉がこっちを向いていたと言うべきでしょうか。何だか嬉しい瞬間だったので思わずそのクローバーを摘み、事務所に戻ったら直ぐに、法令集の中に挟み込んで押し花にしました。

そして、こちらが出来上がり。
Img_667653f8bc7952a9e4c26bbf434fb064
「良い事」を運んでくれるといいなと思いますが、どうなんでしょうか。
法令集が古くなっているので買いなおさねばと、この写真を見て思い出しました。