Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

Img_3087cf390d6ebfbcaa271f39a8fb3400
今日からお盆休みに入りました!年明けから新刊の発売に合わせて極限まで休日を削り、慌ただしい日々を過ごしておりましたが、やっとゆっくり過ごす時間が取れております。嬉しい。。。もじゃハウス®プロダクツの活動を知って頂ける機会があり、全力疾走する日々も楽しいものですが、やはり、休息は大事だなと、今年の多忙な初夏にフラフラになりかけながら思いました。身、ひとつ、一人きりの個人事業主は特に、健康も仕事のうちですね。

そして、6月のホホホ座さんでのイベントを無事に終え、その後、店長さんのご厚意で7月いっぱいまで模型や原画の展示をさせて頂きました。
Img_fb61fa4cef33856f726f9b4a769a102d
もじゃハウス®グッズの特設コーナーも作って頂きまして、スタッフさんがあーでもない、こーでもないと真剣にレイアウトして下さる様子は心震えるものがありました。
6月のもじゃもじゃ月間の準備期間中、大阪北加賀谷の名村造船所跡地で行われたアジアブックマーケットの会場に行ったのですが、店舗に立たれている姿しか拝見したことがなかったお取扱い書店のスタッフさんたちが、イベント会場で各々のブースを立ち上げて販売していらっしゃるのを見たときに、自分の作った本を色んな場所、色んなかたちでお客様に届けようとして下さっているんだという事を知り、とっても感動しましたが、その時と同じように、本を作って納品するだけで売れてるのではなく、納品した後に、スタッフの皆さんが「売る努力」をして下さっているという事を知る機会が得られたことも、ホホホ座さんでのイベントの大きな収穫だったなと思います。
ちなみに、ホホホ座さんでは本と合わせて、じゃハウスの小箱やポストカード、缶バッチなども引き続き販売して頂けることとなりましたので、京都へお越しの際にはぜひ、店舗にお立ち寄りください。ここでしか買えないものがたくさんある、楽しいお店です。

■ホホホ座浄土寺店
京都市左京区浄土寺馬場町71 ハイネストビル1階・2階(銀閣寺道より徒歩7分)
営業時間:11:00~20:00(無休)
 (Click!) 


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
Img_f3ef819947f6e686503d15cb4c96ef3d
もじゃハウスプロダクツと田中美穂植物店さんの対談による「植物でもじゃもじゃの家を語る~もじゃハウス探訪~」トークショーが、いよいよ今週土曜日に迫りました!!
主催は京都浄土寺の名物店長山下さんのお店、ホホホ座1階さんです。ホホホ座さんは創刊号からHouse "n" Landscapeをお取扱い下さっていて、新刊の納品時、もじゃハウスのこれからをチラッと相談した際に「トークイベントする?」と突然のお誘いに全力でYESと答えて実現に至りました。しかも、ホホホ座さんからトークのお相手にご紹介頂いた田中美穂植物店さんとは、事前にじっくり打ち合わせるよりも、当日ぶっつけでやる方が面白いのではないかという事もありまして、名前と「同じ歳」という事ぐらいの挨拶を交わした程度で当日を迎えますので、本当にほぼ初対面トークです。どうなってしまうんだ!

お互いが気になっている街で見かけたもじゃハウスな家の写真を持ち寄って、二人であれこれ突っ込みあう予定ですが、脱線する可能性十分アリ。植物と仕事をしてる二人のそれぞれの植物との距離だとか、田中さん曰く「(設計士としての私に)聞いてみたいことがいっぱいある」そうなので、そいう話を楽しむ夜になると思います!きっと楽しい!私が楽しみ!

お席残数はまだまだありますので(涙)ご予約料金だと500円もお得な今のうちに、ぜひお申込み下さいね!もちろん、予約なしの当日でもご入場いただけます。
ご予約はホホホ座1階まで。

---------------------------------------------------------------
■6/24(土)
「植物がもじゃもじゃの家を語る」~もじゃハウス探訪~
出演:もじゃハウスプロダクツ・干潟裕子×田中美穂植物店・田中美穂
会場:ホホホ座1階
開場:午後7時30分 開演:午後8時
予約料金:1000円 当日料金:1500円(ともにホホホ座1階500円商品券付)
予約方法:
■ホホホ座さんが窓口となります■※ホホホ座店頭でもご予約可能です。
▼メールでのお申込み▼
件名を「もじゃハウス」とし、お名前・電話番号・人数をご明記の上、1kai@hohohoza.comまで送信下さい。
▼電話でのお申込み▼
075-741-6501(ホホホ座)まで。
※詳細はホホホ座ホームページにて→ (Click!) 
---------------------------------------------------------------

▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
Img_70bf9d5b73f528d9b4ba0aac6df6bf19
昨日、大阪のFOLK old book storeさんでの「もじゃハウスイラスト展」が無事に終了いたしました。梅雨入りしたにも関わらず、会期中はずっとお天気に恵まれて、在廊日には川沿いに位置するFOLKさんでは、日中クーラーがなくとも風が抜ける1階で過ごす時間がなかなかに心地よくて、そんな環境とゆったり流れる時間の中でもじゃハウスの展示ができたことを嬉しく思いました。
やはり、具体的なモデルプランが模型として登場すると、ご来店のお客様からは「もじゃハウスって建てられるんですね!」や「こんな家に住みたい!」などの反応がちゃんと返ってくるんだなと言う手応えを得られたことが、展示をしてよかったなと思える一番大きな感想です。住みたい!から建てたい!になって、いつか建てる決心がついた時に、もじゃハウスプロダクツの事を思い出してもらえるよう、あちこちに種をまく活動をすることが今年の私の仕事だと思い、今年はまだまだ色んなイベントを続ける予定にしています。
Img_34f92c5a8997a524b3575e2ab7f2b905
あと、個人的な感想を言えば、FOLKさんのいろーんなものが雑多に並ぶあの空間や雰囲気がとっても好きなので、その雰囲気に合うように考えて、展示構成をした時間が結構楽しかったです。
建築の展示というのは、言ってしまえば鑑賞ではなく説明のためのものですので、面白味というものがアートな展示に比べると劣ってしまいがちなのですが、少しでもアートの展示を見るときのような、皆さんのわくわくする気持ちをたきつける事ができればと思いを巡らせ、インスタレーションとして成り立つように会場に合わせてあれこれ構成していくのは、元現代美術家を目指していた(才能がなく、設計士の方が絶対に合ってると今は思います)私の小さな拘りだったりします。
なーんて、
ちょっとまじめな事を書いてしまいましたが、この展覧会でも宝くじ当選待ちのお客様が増えまして(当選すればもじゃハウスを建てて欲しいというお客様)、先月のレティシア書房さんでの展示で、お声をかけて下さった宝くじ待ちのお客様5~6名に加え、そろそろ二ケタに突入しそうな勢いですので、皆様のご当選祈願にも益々力が入る今日この頃でございます。

そして、今週土曜はいよいよホホホ座さんでのトークイベントです。その後は、9月に高槻のカフェで展示が決まりまして、まだまだイベントは続きますので、今後ももじゃハウスプロダクツの動向を要チェックですよ!


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
Img_254645e57a5cf2e3252f5cca2847fe34
関西は梅雨入りしましたが、今日もいいお天気で何よりです。
本日より6/18(日)まで、大阪北浜のFOLK old book storeさんで『もじゃハウスイラスト展』がはじまりました。今日は13時開店のFOLKさんに大荷物(展示物のすべて)を担いで電車で向かい、11時からセッティングをスタートしたのですが、順調と思われた時間配分が終盤にかけて崩れまして、、、大きなパネルや額装のもの以外の、スタディースケッチやらプランニング途中のメモ書きやらの紙を13時を回った後もカナヅチで壁に必死で打ち付け続けまして、結構な枚数があったもので、最後の一枚を打ち付け終わってやっと俯瞰で全体を眺めたら、それはそれは呪いの札のようなテイストの展示が無事に出来上がっておりました。
展示途中に度々俯瞰でバランスを確認しながら、と言うのが普通なんですけども、時間に追われて焦っていたので、只々紙を壁に打ち付けることだけに集中しましたが、このカナヅチで一心不乱に打ち付ける姿が既に丑の刻参り風味満載・・・。この姿は運よく誰にも(店長さんにも)見られることなく作業を終えまして、なんというか、ミチミチした密度の高さが、古本屋と言うよりも雑貨も古着もCDも、色んな商品が所狭しと並ぶFOLKさんの地下一階の雰囲気と相まって、結構いい感じにもじゃもじゃな暑苦しさを醸し出せていると思います。展示内容もそうですが、先日のレティシア書房さんでの展示とは雰囲気が全く違った展示になっていますので、そういう点も楽しんで頂けたらいいなと思っています。
Img_b017790b07e9622a729277d3ab4898d2
Img_cb7b3f9d13fc426d91f274114a5abbd7
ちなみに、お店の外観は←こんな感じです。1階はカウンターがあり、日替わりでカレー屋さんorカフェをやっておられまして、今日はカフェの日でした。川辺に面した窓も全開だったので、気持ちい風が通り抜けて本当にいい時間が過ごせます。
そして、展示スペース&本屋さんは地下一階になります。1階のお店に入って左に、地下へ続く階段があります。お時間があれば1階でアイスコーヒーやビールで一服されるのもお勧めですよ!展示のセッティング終了後、店長さんの要望でお店の外に置く看板に、イラスト展の案内イラストなどを描きました。

『もじゃハウスイラスト展』6/10(土)~6/18(日)
■FOLK old book store
■大阪市中央区平野町1-2-1 1F&B1F
■京阪「北浜」駅・地下鉄堺筋線「北浜」駅から5番出口を出て徒歩5分
営業時間:火~金13:00~20:00/
     土・日13:00~18:00/月曜定休
※6/17(土)はライブイベントのため通常営業は16:00までとなります。(もじゃハウスのライブではありません)
Img_ff6bfb8e698218cea3a23b1c491f58b2
会場では、もじゃハウスグッズなるものも販売しております。種類はイラストポストカード100円、缶バッチ200円、そして謎のもじゃハウス小箱1000円(全て税別価格です)になります。今のところ、FOLKさんの展示期間中のみの販売ですので、欲しい!と思われた方はこの機会をお見逃しなく!


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
京都は毎日暑くて、今年も夏がやってくるな。。。という覚悟でいっぱいの今日この頃です。私は先週やっと冬物を仕舞って衣替えをしたところですが、季節と言うのはあっという間に巡ってしまうんだなと、やることをやらなくても流れてしまう時間に若干焦りを感じております。

さてさて、先日レティシア書房さんでの展示が終わったばかりですが、なんと、6月10日からは大阪北浜のFOLK old book storeさんでの展示が始まっちゃいます!FOLKさんではイラストを中心とした展示になりますが、もちろん、模型達もスタンバっておりますので、店内の色んな本や雑貨に囲まれた空間の中で、がっつりもじゃハウスの世界もお楽しみ頂ける異世界的な展示にしたいなと、週末に現地を採寸しながらムフフと思っておりました。しかも、今回は”もじゃグッズ”が登場予定です!初めてのグッズ販売もありますので、FOLKさんらしいインスタレーションができたらいいなと、やる気、元気、森脇健二!な気持ちで準備を進めています。

そして、6月24日には京都浄土時のホホホ座1階さんで、田中美穂植物店の店長、田中美穂さんと「もじゃハウス探訪」トークショーも開催決定です。詳細は既にホホホ座さんのホームページなどに掲載されておりますが、まさかの6月ダブルイベントゲット!という事で、6月はもじゃもじゃ月間と決めました!
Img_f484b954a16185f6c659f505f1ce5aad
■もじゃハウスイラスト展 6/10(土)~6/18(日)■
■会  場:FOLK old book store B1階(大阪北浜)※ホームページ→ (Click!) 
■営業時間:火~金13:00~20:00/土・日13:00~18:00/月曜定休
     ※6/17(土)はライブイベントのため通常営業は16:00までとなります。


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!)