Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

週末の台風一過で今日は昨日に引き続き良いお天気の東京です。
先週の金曜日から11/5まで東京都内で展示やトークイベントを開催するために、現在は都内の知人宅に居候させてもらっていますが、今年の秋は週末ごとに雨が降り、集客的には「ついてない」秋となってしまいました・・・。でも、私自身はまだまだ駆け出しの身。特に今回は、自分の活動や存在を知って頂く「はじめまして」の気持ちで東京遠征にきましたので、集客人数はそれほど気にならず、むしろ着て下さり、興味を持って下さった方とどれだけお話しできるかという事の方が大切だと思いまして、雨が降って客足が少ない日はその分、ゆっくりお話しさせて頂ける事を楽しんでおります。
実は、先週日曜10/29に西荻窪の信愛書店さんで行った「樹木医を目指す私が5年間で読んだ50冊の本」について紹介するブックトークは、台風接近中というのも影響したのか、ご参加人数はお二人だったのですが、参加者の方が「樹木医試験に興味を持っていて試験についての話を誰かに聞きたいと思っていた」という本気モードの高い方でしたので、独演会形式で準備していたトーク内容を座談会形式に切り替え、かなり濃く、具体的なお話をじっくりとお伝えすることができました。会が終わっても興奮さめやらぬ感じで時間が許す限りお話をさせて頂けた事で、私の考えを伝える事だけで終わらず、話を聞いてくださった方に「響いた」感触が手応えとなって自分に返ってくるのを味わえる事は「企画して良かった」と思う幸せな瞬間です。
「もじゃハウス」というのが万人向けではない事は私自身が一番理解しておりますので、依頼が押し寄せるような事はこの先もないのではと思いますが、浅く広くではなく、少数派であっても「もじゃハウス」が一人一人の心に深く根付く事を目標に、そのためには伝えて「響く」という事が絶対に大切ですので、こうして目標の一つが手応えになった日は台風で天気が荒れていようとも、私の気持ちはとっても晴れ渡る訳です。

と、そんな嬉しい週末を終え、昨日は自由時間を作って、取り壊しと保存の狭間で揺れ続けているカプセルタワービル(設計:故黒川紀章さん)を見に銀座へ建築探訪にでかけました。
Img_6cb809af4b938d4868bd7461a261ff01
Img_0929f6bf8ff898450240788aa2c0bb92
同じく銀座にある、谷口吉生さん基本設計の銀座シックスにも立ち寄ったり、老舗文房具屋の伊東屋さんで散財したり、気づけば午前から夕方近くまでずっと銀座で過ごしておりました。銀座には今まで縁がありませんでしたが、裏通りの街並みや建物もレトロな味わいがあって散策するのも楽しい、飽きない街でした。あと、私はデパ地下散策も好きなので、百貨店を地下鉄の駅へつながる通路だと思って通過しようにも、ついついお菓子売り場をチェックしてしまうから時間がかかっちゃうんですよねえ・・・。

こんな風に、平日に息抜きしながら、また今週末もイベントは続きます。
11/3(祝金)→ SABOTENSエキシビションにてオープニングトークイベント
11/4(土) → 「建築と革命会議 #2」ゲストスピーカとして詩人のmidoさんとトーク
11/5(日) → 緑の本棚さん「ミニチュアもじゃハウス展」最終日 18時まで在廊

各イベントの詳細は前記事にて紹介しておりますので、そちらをご覧ください。
当日の動きなどもツイッターで気まぐれにつぶやいておりますので、合わせてチェックして頂くと幸いです!

▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
いやあ、大きな台風が去りましたね。京都府立植物園では台風の影響で倒木した樹木が多くあったそうで、後処理に追われていらっしゃるというニュースを拝見しました。日本で一番古い植物園でもありますので、老木も多かったのであろうと察しつつ、大きな影響がでるような後続の台風がやって来なければよいなあと思ったりする今日この頃です。
そして、いよいよ明後日から東京にしばらく滞在して、イベント三昧の日々を送る予定ですので、先日から連続してイベント告知をしておりますが、もう一つ11/4(土)に開催予定のトークイベントをご紹介します!


革命と建築会議 -革命も建築も夢想から始まる- #2 もじゃハウス
2017年11月4日(土) 14:00 - 17:00
---------------------------------------------------------------
『革命と建築会議、第2回目を開催することになりました。今回のゲストは、京都で植物と共に生きる家をテーマに、もじゃもじゃした建築「もじゃハウス®」を提案する建築家の干潟裕子さん。第1部はエコライフを飛び越え、野生と共生する建築にかけた干潟さんの人生を存分に語っていただきます。第2部は干潟さん、革命と建築会議の主催者の詩人のmido、そして参加者と共に、「植物の生命の力を多様性や地球との共生として、建築に関わらせることは私たちの暮らしにどのような変化をもたらすのか? 」そんなことを考えていきたいと思います。』

会場/
Cafe Lavanderia(カフェ・ラバンデリア)東京都 新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F
※イベント詳細はこちらのページをご覧ください→ (Click!) 


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
Img_9f4938f00f589d6cd013b6c0f01abc9b


10/30~11/19まで東京の清澄白河にあるカフェGinger.Tokyoで開催される、路上園芸学会さんとデザイナー&イラストレーターの藤田泰実さんのユニット「SABOTENS」による、写真展示・トーク・お散歩・はんこ・音楽・スライドなどなど、思いつく色んな切り口で、路上や植物の面白さを発信するエキシビションのオープニングトークに参戦が決まりました!

そもそも路上園芸学会さんとは、道ばたで野生化した観葉植物やアロエ、半野生的な植木鉢などの路上で見かけたすっごい存在感の植物を写真で記録し、愛でる活動をされている方で、その対象となる植物のワイルドさが、私のミニプレス誌で取材をしてきた建物の植物たちととっても共通しているような気がして、今年から活発に活用し始めたツイッター上で気になる存在でしたが、縁あって実はお互いに気になっていたと分かり、両想いのように気持ちを確かめ合った事がきっかけで、お互いにワイルドな植物が好きだと言う思いをぶつけ合うトークをしようぜ!という運びになりました!

先日、打ち合わせがてら初めて直接お会いして話をした際に、ワイルドな植物が好きと言っても私は日本の原生種の樹木が好きなのに対し、路上園芸学会さんから出てくる好みの植物は外国から入ってきた洋者ばかり。なんで洋者なんですか?と問い詰めてあれこれ聞きだしていたら、実はその植物の見た目が好きとかそういう事ではなく、外国からやってきて日本で自由を手に入れたその生き様に憧れてるのでは!?と思ったりしまして、植物の好みって結構その人の深層心理が反映されてるような気がしませんか?という会話をしたことから、11/3のトークイベントではそこをさらに深堀するようにお互いの街で見かけた好みの植物のスライドを見せ合いながら、植物を通して見る己の心の内にまで話を広げてみたいなと思っておりますので、ご興味がございましたらぜひお越し下さい!

--------
SABOTENS SECOND EXHIBITION
オープニングイベント「もじゃもじゃの昼下がり」

11月3日(金・祝)
open 13:30/start 14:00
チャージ 1500円(1ドリンク付)
会場/Ginger.Tokyo(ホームページはこちら→  (Click!) 


※ご予約は路上園芸学会さんで受け付けております。
rojoengeigakkai@gmail.com まで、お名前と人数をお知らせください。
■路上園芸学会 facebook→ (Click!) 
--------

ちなみに、私は11/3にしか登場しませんが、展示期間中に開催される他のイベントも楽しそうなものばかりですよ!特に、11/11,12開催のあなたなりの路上園芸を作れるハンコのワークショップにとーっても参加したい!(けれども、私は11/6で京都に帰ってしまいますので参加できず)
SABOTENSさんのエキシビションの全貌&詳細は、路上園芸学会さんのfacebookページに情報が載っていますのでぜひご覧ください! 


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
Img_065b9dccfecec176b0dfa7301ea45b64
すっかり秋めいてまいりましたね。実は10月頭からまるっと二週間、筑波で樹木医資格を取るために二次試験の合宿研修に挑んでまいりまして、毎日暑い日を乗り越えて帰ってきたら、出発前にはまだ花の残りをつけていたサルスベリはすっかり落葉し、京都の街ではキンモクセイの花が満開になっていました。ああ、知らぬ間に夏が跡形もなく去っていた。。。

と、そんな訳で樹木医の資格試験挑戦5年目の今年、ようやく二次の研修に辿り着けまして(結果はまだわかりませんが・・・)この5年間で試験勉強のために読んだ本をリスト化してみると、ぴったり50冊、定価にして約15万円という集計結果が出まして、せっかくなのでこのブックリストを紹介しませんか?というお話を頂き、ミニプレス誌House"n"Landscapeのお取扱い店でもある東京の信愛書店さんで来週日曜日14時からブックトークをさせて頂く事になりました。

それにしても、なぜこんなに本を読んだのか?と言いますと、私が持っている建築士や造園施工管理技士などの資格試験と違って、樹木医は試験勉強のためのテキストというものが一切ないんです!!唯一存在する試験の過去問集と樹木医が研修などで使う「樹木医の手引き」という分厚いマニュアル的な本をベースに、あとは独学&手探りで勉強するしかなく、私の場合は高校の生物基礎の参考書からスタートしまして、植物の事だけではなく、地学、気象、菌類、野生動物などを専門書と合わせて勉強しましたが、昆虫(害虫を覚えないといけません)に対する興味ゼロのために虫だけがどうやっても覚えられず、虫を愛する人の本を読めば虫に興味が湧くのではないかと思い、昆虫博士のフィールドワークの本を読み漁ったり、最後はゾウムシの写真集(というものが世の中に存在してます)を鑑賞してみたり、相当に追い込まれた状況で謎のブックタイトルが増えていく・・・という、そんなできごともブックトークでは紹介したいなと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします!

-----------------------------------------------------------
ブックトーク
『樹木医を目指す私が5年間で読んだ50冊のブックリスト』

■日 時:10月29日 日曜日 14:00~(13:30開場)
■参加費:1000円(ミニプレス新刊付)
※新刊を既にお持ちの方はバックナンバーをお選びいただけます
■会 場:信愛書店(ホームページはこちら→ (Click!) 
■住 所:杉並区西荻南2-24-15/
■電 話:03‐3333‐4961

★お申込み、お問い合わせは信愛書店さままで
shinaishoten@gmail.com


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
Img_7a901994d44d841fa2effa9f3adaa891
10/1(日)より、東京根津の古本&カフェ『弥生坂 緑の本棚』さんにて、もじゃハウス®の模型を展示させて頂く事になりました!緑の本棚さんは今年の8月から、もじゃハウスプロダクツのミニプレス「House "n" Landscape」のお取扱いが始まったばかりのお店です。植物愛を感じる、かなりツボをついた植物関連書籍の選書が魅力的なお店ですが、植物に溢れた店内にもじゃハウス®の模型をひっそり?と展示させて頂けるなんて、とっても嬉しいです。そして、展示期間は10/1~11/5まで一ヶ月ちょっと展示させて頂く事となりました!やったー!!

ちなみに私事ですが、10月頭~10/14まで樹木医試験の研修のため、筑波でみっちり合宿をする予定になっておりまして、その上京に合わせて展示をさせて頂こうという魂胆でスケジュールを調整していました。。。と言う訳で、研修合宿終了の翌日、10/15(日)は在廊を予定しています。
また、10/27~11/5も再び上京し、10/27,10/28と最終日の11/5も在廊できればいいなと思っていますので、関東圏のみなさま、どうぞよろしくお願いします!(※10/27以降の在廊予定は未確定ですので、追ってツイッターなどで決定事項をその都度報告させて頂きます。)

緑の本棚さんは、書籍ももちろんですが、カフェメニューもガツッと食べられるメニューから、デザートやオリジナルドリンクなどなど、魅力的なメニューが度々ツイッターに登場していますので、私も在廊中に楽しみたいなあと思っています。みなさまも、ぜひお立ち寄りください!


■■ミニチュアもじゃハウス®展■10/1(日)~11/5(日)■■
~植物がもじゃもじゃの家のアイディア模型を大公開!
------------------------------------------------------
会場:弥生坂 緑の本棚  (Click!) 
住所:東京都文京区弥生2-17-12 野津第二ビル1F
営業:火、水、金、土曜 13:00~21:00/日曜 13:00~18:00/月曜定休、木曜不定休
facebook→ (Click!) 
twitter→ (Click!) 


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!)