Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

週末の台風一過で今日は昨日に引き続き良いお天気の東京です。
先週の金曜日から11/5まで東京都内で展示やトークイベントを開催するために、現在は都内の知人宅に居候させてもらっていますが、今年の秋は週末ごとに雨が降り、集客的には「ついてない」秋となってしまいました・・・。でも、私自身はまだまだ駆け出しの身。特に今回は、自分の活動や存在を知って頂く「はじめまして」の気持ちで東京遠征にきましたので、集客人数はそれほど気にならず、むしろ着て下さり、興味を持って下さった方とどれだけお話しできるかという事の方が大切だと思いまして、雨が降って客足が少ない日はその分、ゆっくりお話しさせて頂ける事を楽しんでおります。
実は、先週日曜10/29に西荻窪の信愛書店さんで行った「樹木医を目指す私が5年間で読んだ50冊の本」について紹介するブックトークは、台風接近中というのも影響したのか、ご参加人数はお二人だったのですが、参加者の方が「樹木医試験に興味を持っていて試験についての話を誰かに聞きたいと思っていた」という本気モードの高い方でしたので、独演会形式で準備していたトーク内容を座談会形式に切り替え、かなり濃く、具体的なお話をじっくりとお伝えすることができました。会が終わっても興奮さめやらぬ感じで時間が許す限りお話をさせて頂けた事で、私の考えを伝える事だけで終わらず、話を聞いてくださった方に「響いた」感触が手応えとなって自分に返ってくるのを味わえる事は「企画して良かった」と思う幸せな瞬間です。
「もじゃハウス」というのが万人向けではない事は私自身が一番理解しておりますので、依頼が押し寄せるような事はこの先もないのではと思いますが、浅く広くではなく、少数派であっても「もじゃハウス」が一人一人の心に深く根付く事を目標に、そのためには伝えて「響く」という事が絶対に大切ですので、こうして目標の一つが手応えになった日は台風で天気が荒れていようとも、私の気持ちはとっても晴れ渡る訳です。

と、そんな嬉しい週末を終え、昨日は自由時間を作って、取り壊しと保存の狭間で揺れ続けているカプセルタワービル(設計:故黒川紀章さん)を見に銀座へ建築探訪にでかけました。
Img_6cb809af4b938d4868bd7461a261ff01
Img_0929f6bf8ff898450240788aa2c0bb92
同じく銀座にある、谷口吉生さん基本設計の銀座シックスにも立ち寄ったり、老舗文房具屋の伊東屋さんで散財したり、気づけば午前から夕方近くまでずっと銀座で過ごしておりました。銀座には今まで縁がありませんでしたが、裏通りの街並みや建物もレトロな味わいがあって散策するのも楽しい、飽きない街でした。あと、私はデパ地下散策も好きなので、百貨店を地下鉄の駅へつながる通路だと思って通過しようにも、ついついお菓子売り場をチェックしてしまうから時間がかかっちゃうんですよねえ・・・。

こんな風に、平日に息抜きしながら、また今週末もイベントは続きます。
11/3(祝金)→ SABOTENSエキシビションにてオープニングトークイベント
11/4(土) → 「建築と革命会議 #2」ゲストスピーカとして詩人のmidoさんとトーク
11/5(日) → 緑の本棚さん「ミニチュアもじゃハウス展」最終日 18時まで在廊

各イベントの詳細は前記事にて紹介しておりますので、そちらをご覧ください。
当日の動きなどもツイッターで気まぐれにつぶやいておりますので、合わせてチェックして頂くと幸いです!

▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!)