Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

出版社「ミシマ社 (Click!) 」京都オフィスの1階にあるミシマ社の本屋さんで七夕の日に行なった、森の案内人・三浦豊さんともじゃハウス®プロダクツ干潟のトークイベントの様子が、みんなのミシマガジンに掲載されました!

■緑と一緒に働くふたり 森の案内人・三浦豊×設計士・干潟裕子(1)■
★記事は下記をクリック!
緑と一緒に働くふたり(前編)→ (Click!) 
緑と一緒に働くふたり(後編)→ (Click!) 

------------------------------------------------------------------
『2017年3月、森の案内人・三浦豊さんの初単著『木のみかた』が発売になりました。
日本全国の森、3000箇所以上もの森を歩き続ける三浦さんの目を通せば、街なかの道路、路地にも自然があふれているのがわかり、なんだかいつもの景色が違って見えてきます。「街を歩いていても木を見る視線がかわった」「外に出るのが楽しくなった」と、うれしいお声も続々!
そんな木の「味方」であり、「見方」を教えてくれる三浦さんと、もじゃもじゃ緑が生い茂った建物=もじゃハウスを広め、設計すべく活動している設計士・干潟裕子さんの対談イベントが、2017年7月7日(七夕!)に開催されました。
とにかく緑を語るふたりがアツい、大盛り上がりだったイベントの様子を、前後編でお届けします。』
------------------------------------------------------------------

実はこの日が三浦さんとの初対面で「とってもまじめな方です」とお聞きしていましたが、当日の控室で既に意気投合して緊張も解け、その時点で三浦さんはまじめなんだけど、はっちゃけてる(いい意味で)発言満載で面白い方でした。二人にしか通じない会話をしてしまったりもしましたが、記事内ではその辺りはマイルドになっています。エヘヘ。


そんな訳で、4月末のHouse "n" Landscape4号の発売から始まり、5月のレティシア書房さんでの展示、6月のFolk old book storeさんでの展示、ホホホ座さんでのトークイベント、そして7月のミシマ社の本屋さんでのトークで一段落をし、上半期を無事に終えましたが、嬉しい事に下半期の予定も徐々に決まり始め、9月には大阪のカフェ空と色さんでの展示&トークや、10月には東京遠征を計画中です!(詳細が決まり次第、報告いたします)

今年は色んな出会いがありまして、嬉しいなあ。。。それもツイッター効果というのも一理ありです。そして、最近になって日々の奮闘記ブログを始めました。
このサイトを「ブログ」と思われている方が多くいらっしゃるので、「え、またブログ?」という反応が返ってきそうですが、実は私の中でこちらのサイトはホームページのニュース欄と言う位置づけです。ですので、日常的な雑記は、新しいブログの方で気軽に綴っていきたいなと思っておりますので、合わせてご覧いただけますとより、もじゃハウス®プロダクツの今が垣間見れるかなと思います。
2017年、下半期も頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!


▲もじゃハウス®プロダクツ奮闘日記はこちら! → (Click!) 

▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!)