Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

Img_b74e69e9977bd5d92354fd8cc734d065
うわー。。。
随分と久方ぶりの更新となってしました。。。反省。

あっという間に梅雨も開けて夏真っ盛りの今日この頃ですが皆様もお変わりありませんか?
私はと言いますと、更新ストップ中はどちらかというとプライベートで慌ただしくしていまして、つまり収益に還元されていないという恐ろしい状態。まあ、開業間もない手探り個人事業主ですのでそういう悩みは尽きない訳です。

と、そんな話は置いておいて。

先月、台北に行って来ました!
台湾は初めてだったのですが、街中にはもじゃハウスが溢れていてまるでパラダイスでした。緑の多いお国柄だからか、本屋さんや図書館に行けば「緑建築」というジャンルの棚まで確保されていてユウコ・カンゲキ(感激)。
台湾国内の自然共生建築を表彰する緑建築大賞という賞も存在していたようで、2007年に優良賞を取った台北市立図書館 北投分館にも視察を兼ねて行って来ましたが、来た甲斐があったなと水餃子を鬼食いしながらしみじみと思ったぐらいに素晴らしい建物でした。
Img_7024d724900d4fbf6b560bfd17d3dc72
Img_b82db054244fa68d389d3f1f9a27b93d
Img_ae6a98124856ff13fcb489da12dd39f5
しかも、その名もズバリな「緑建築」という名の建築雑誌まで存在していまして、中国語が全く分からないのにバックナンバーを数冊買ってしまう程の浮かれっぷりを惜しみなく披露したりして、私の居場所は台湾にあるんじゃあないだろうかと真剣に考えたりしましたよ。もちろん、小龍包を鬼食いしながら。
そんな訳で、私の作っている冊子House"n"Landscapeの中国語翻訳&台湾で売り出しを本気で検討しています。台湾の本屋さんにコネをお持ちの方、ご一報下さい!
とまあ、そんな初夏を過ごし、現在はもじゃハウスのモデルプランの制作に取りかかっています。あと、海外取材を含めたHouse"n"Landscapeの新刊も来年春に向けて編集するぞ!と意気込んでいます。それから中国語の勉強も始めたい。

現在製作中のもじゃハウスのモデルプラン模型ができ次第、残暑か秋になると思いますがオープンオフィスを開催して皆様のご意見などをうかがう機会をつくりたいとも考えておりますので、開催が決まれば詳細をこちらで報告致します。ぜひ、ご参加下さいね!
今年の下半期も加油己!