Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

Img_1c137d80671f9893f9966dd29d15829dd526e51b
今年のGWは雨や曇りが続いている京都ですが、昨日は漸くスカッと晴れたので、カメラ片手にもじゃハンティングに行ってきました。ここは京都の街のど真ん中、京極通りと河原町通りの間にある古着屋さんです。
隣の建物は映画「パッチギ」でもどどーんと使われた、あのポルノ映画館でしたが、数年前に映画館は閉館してしまい、現在は洋服屋さんになっています。うーん、昭和の小汚い(失礼!)建物がどんどん無くなってしまうのも寂しい気がする今日この頃。
と、隣の建物の話は置いといて、こちらは大阪等にも大きな店舗を構える大手古着屋のハンジロウさんです。
Img_63be019b4d7c6ea81e7f21a033b4d10ea79cea11
Img_63580e3dd22f978822323383cac13ea4c6ea7f25
Img_5cba4f20cbb3860736b58e054416cb6ef8f25759
京都のこの場所にオープンしたのは確か5年ぐらい前だった気がしますが、出来た当時から緑の乱立具合がいい感じだなあ~と、成長を心待ちにしていて、先日久々に通りかかるとこんなにも成長していました。すばらしい!パーゴラに絡まったツキヌキニンドウの赤い花も鮮やかだなあ。
ちなみに、店舗のアプローチは横長で、全景だとこんな感じです。
Img_dbccbffc61c1b036fd1be2cbc242afaf62589ae7
この写真で言うと、奥からパーゴラがあり、その横が入口に繋がる通路、手前の方には飾り窓などがあって、枕木の花壇がありますが、植物の種類はかなり多いし、下草、樹木、それぞれの種類を見ていても、選んだ人の趣味を反映させて、その人自身で植える位置やバランスも考慮して「ウキウキ」しながら植えて行ったんじゃあないだろうかと思わせる楽しさが伝わって来る作りになっています。
Img_e756e325cacad7053b22df6b7d7ebb70353704f7
奥のパーゴラはこんな感じです。
多分これも自分達でワクワクしながら作られたんだと思います。そして、店舗入口は道路から2段ぐらい高くなっているので、階段も設けてありますが、それも枕木で、そしてこの植栽エリアの舗装も全て枕木が敷いてあります。
ここに、割と洋風な植物を選んで植えてあるので、雨ざらしで風化してきた木の風合いとマッチングしていい感じ。この植物のチョイスを間違うと、この風化具合が悪い方に引き立って廃墟化するのですが、成長後の植物の大きさのバランスや、葉っぱの色の並びのバランス等を事前に計算して植えてあると失敗しません。
まあ、正直それが一番難しいところなのです。
Img_489f70031746a408133b9e4f1f704b96606500a7
Img_1b32550bae0d6d7518455f36c9cb59843408f375
Img_e3062db2728f63d3fdcb92c74a96cea65e782ee7
ワイヤープランツのもじゃもじゃ具合もいいなあ。。。これが自分の家のアプローチで、毎日の「いってきます」と「ただいま」のオン、オフの切り替えのスイッチがこの風景だったら・・・うふふ。と、妄想でよだれが出そうになりながら、人通りの多いこの場所でも構わず肩ひざ付いてシャッターを切りまくった私であります。
このギリギリ廃墟感とのバランスがとてもいい感じのもじゃハウスっぷり。★三つっ!
今後の成長も楽しみです。むふふ。