Text Size : A A A

「もじゃハウスプロダクツ」
ランドスケープデザイン&
建築設計事務所
〒606-8205
京都市左京区田中 上柳町 21
鴨柳アパート 1 階 1 号室
TEL 075-746-3413
FAX 075-746-3414
info@mojya-house.com

明けましておめでとうございます。
2017年は年末までイベント続きで嵐のような一年でしたが、おかげ様でイベントが人と出会うきっかけとなり、2018年もまたその繋がりで活動が広がればいいなと願いながら年が明けました。
今年の4月にはもじゃハウス®プロダクツの開設から5期目を終え、いよいよ10年目をめざす一歩でもある6年目がスタートする、ある意味ステップアップの節目を迎えます。私は毎年、新年には今年でどこまで目標を達成するか、10年後、20年後には何を達成したいのか、という自分の進む道の予測を立てるようにしていますので、これまでも5年間で予測や目標をその都度微修正しつつ進んできましたが、振り返れば必ず「予想外」の出会いや出来事が起こり、それによってグーンと進めたり、目標が具体的に見えてきたりしているような気がしていて、予測を立てる事はもちろん大事な事ですが、予想外の事を受け入れる余地を残して日々進む事こそ、一番大切な事なんだろうなと思いました。そんな訳で、今年も「予想外」に対応できる余裕を持ちつつ、この1年はプランニングなどの製作に集中する年にしたいと思っています。

そして、NTTのニュースサイト『いまトピ』で、もじゃハウス®プロダクツの活動を紹介して頂きました!

「吉村智樹の関西大紀行 気になるウエスト!!第9回」
~植物で「もじゃもじゃ」に覆われた家を設計する女性がいた!~ 記事はこちら→  (Click!) 

ライターの吉村智樹さんは、9月に大阪の高槻市のカフェソラトイロでの展示にお越し下さり、取材依頼を受けました。が、その時はちょうど、樹木医の二次試験合宿参加直前だったので、記事にして頂くならば「樹木医」という肩書が付いてからの方がいいと思い、「合格したら取材して下さい!」と強気な発言をして保留にして頂きましたが、合宿中のテストの点数が日々、その発言の呪縛と共に果てしないプレッシャーとなって己の首を絞めまくり、12月に無事合格できたときは嬉しくもありましたが、取材の目処が立ったと思い、まずは安堵、安堵でした…。自分を追い込もうと思ってわざとそうしたのですが、合宿中はプレッシャーで悪夢にうなされて金縛りにあったりもしてしまい、まあ、人間追いつめ過ぎは良くないなとも思った次第です…。
と、そんな裏話もあって、無事に取材して頂く事ができました。私の色んな角度の顔写真が満載の記事になっておりますので…恥ずかしさもありますが、よろしければご覧下さいませ。ちなみに、吉村さんの「気になるウエスト!!」は他にも興味深い方々を紹介されていて、とても面白い連載です。

2018年もどうぞよろしくお願いします!

▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
本日、12/19からレティシア書房さんで「贈り物展」が始まりました。
これまでレティシア書房さんで展示をされた事がある7名の作家さんの、"贈り物"にちょうど良い作品が展示販売される内容ですが、もじゃハウス®プロダクツも今年発表したモデルプランの模型2点をギフトボックス入り仕様にして出品しております。

『レティシア書房で贈り物展』
■期間:12/19(火)~28(木)
■会場:レティシア書房(京都高倉二条)
     ※お店のホームページはこちら→  (Click!) 
    12:00~20:00 月曜定休  
Img_758aa7df4bc6399da5007773f3c75b18
値段は、小(10坪ハウス)/18,000円+税、大(コートハウス)/22,000円+税、でして安くないお値段なのですが…、緑のリボンはゴム製で簡単脱着且つ、模型は台座には固定されていませんので、箱から取り出すことも可能です。
ちなみに、こちらへの出品が今年最後のイベント参加となります。委託出品のみですので、期間中にもじゃハウス®についての展示や在廊予定は予定しておりませんが、クリスマスを迎える際のちょっとしたプレゼントのヒントが得られる楽しい展示内容だと思いますので、ご興味がございましたら、ぜひレティシア書房さんにお立ち寄りくださいませ。


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
今週は冬の冷え込みが感じられる寒い京都でした。それなのに、まだまだ紅葉は始まったところという季節感がつかめない状況らしいです。左京区の圓光寺に今週言ってきたと言う知人は、もみじの葉の緑と赤が半々だったと言っていました。

そして、先週の土日にあしやつくる場が終わり、ようやくこの一年の直接顔出し&出店のイベント予定が一段落しました。あしやつくる場はお子様の来場が多いイベントでしたが、おかげさまでもじゃハウス®の模型はお子様に大人気!たくさんのお子様ともじゃハウス®についてお話できたのでとても楽しい時間を過ごすことができました。
木を育てる仕事というのはとても長い時間が必要ですので、一世代で達成できるものではない事も多くあります。それ故、自分のやってきた事を次の世代に引き継ぐことを所々で意識するのですが、何よりもお子様が興味を持ってくれるというのが、次世代が育ってくれるかもしれない可能性が見えたようでとっても嬉しい瞬間なのです。もじゃハウスは私だけのものではなく、世の中に広まって、色んな人の作ったもじゃハウスが隣り合う景色を見てみたいなあ・・・。そんな思いを強くしたイベント出店となりました。
と、今年が終わったかのような書き方をしておりますが、実は本当のファイナルイベントは来月の『レティシア書房で贈り物展』なのです!!5月にも展示を行った京都のレティシア書房さんで色々な作家さんと合同で展示即売を行うクリスマスプレゼント展に、今年の展示に使ったもじゃハウスの模型×2点などを出品しちゃいます!なんと、もじゃハウスの模型が買えるんです!(高いけど…)

『レティシア書房で贈り物展』
■期間:12/19(火)~28(木)
■会場:レティシア書房(京都高倉二条)
     ※お店のホームページはこちら→ (Click!) 
    12:00~20:00 月曜定休  

上記のイベントは委託販売のみですので、パネルの展示や在廊は予定しておりませんが、いったいいくらの値段がついたのか興味があるという方はぜひ、お店の立寄り下さいませ。
引き続き師走もがんばります!


▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
先週の日曜日に東京の弥生坂 緑の本棚さんでの展示を終え、約10日ぶりに京都に戻りました。
東京での出会いも色々とありまして、樹木医の合宿研修とダブル遠征な1ヵ月はハードと言えばハードでしたが、それでも東京でイベントができて良かったなとしみじみ思うのは、無事終わったからこそでしょうか。しかし、まだホッとできません。なぜなら、今週末の土日は兵庫県の芦屋市でのイベントにミニプレス屋さんとして出店するからです!
Img_6f019942455ffe2757c6617d78d28c4b
今年の私のテーマは「断らない」でしたので、基本的にお誘いやご依頼を頂いたイベントは全部やるスタンスでおりましたら、まさかの毎月1個はイベントがあるという多忙なスケジュールとなってしまい、この「あしやつくる場」も東京帰りのまま出店するという強行スケジュールとも言える感じではありますが、ちょこちょこと休める時に休みも取りつつやっておりますので、私は元気です。

ただ、土曜日は雨が心配な予報です…。屋外イベントですので、雨などの場合はその日は中止となりますので、もしかすると11日の土曜日だけ中止の可能性もあるかなと、天気予報とにらめっこが続く今週ですが、日曜日は確実に晴れそうな予報ですので、12日は皆様にお会いできるはずです。
中止などの最新情報はもじゃハウスプロダクツのツイッターでご確認くださいませ。

▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!) 
週末の台風一過で今日は昨日に引き続き良いお天気の東京です。
先週の金曜日から11/5まで東京都内で展示やトークイベントを開催するために、現在は都内の知人宅に居候させてもらっていますが、今年の秋は週末ごとに雨が降り、集客的には「ついてない」秋となってしまいました・・・。でも、私自身はまだまだ駆け出しの身。特に今回は、自分の活動や存在を知って頂く「はじめまして」の気持ちで東京遠征にきましたので、集客人数はそれほど気にならず、むしろ着て下さり、興味を持って下さった方とどれだけお話しできるかという事の方が大切だと思いまして、雨が降って客足が少ない日はその分、ゆっくりお話しさせて頂ける事を楽しんでおります。
実は、先週日曜10/29に西荻窪の信愛書店さんで行った「樹木医を目指す私が5年間で読んだ50冊の本」について紹介するブックトークは、台風接近中というのも影響したのか、ご参加人数はお二人だったのですが、参加者の方が「樹木医試験に興味を持っていて試験についての話を誰かに聞きたいと思っていた」という本気モードの高い方でしたので、独演会形式で準備していたトーク内容を座談会形式に切り替え、かなり濃く、具体的なお話をじっくりとお伝えすることができました。会が終わっても興奮さめやらぬ感じで時間が許す限りお話をさせて頂けた事で、私の考えを伝える事だけで終わらず、話を聞いてくださった方に「響いた」感触が手応えとなって自分に返ってくるのを味わえる事は「企画して良かった」と思う幸せな瞬間です。
「もじゃハウス」というのが万人向けではない事は私自身が一番理解しておりますので、依頼が押し寄せるような事はこの先もないのではと思いますが、浅く広くではなく、少数派であっても「もじゃハウス」が一人一人の心に深く根付く事を目標に、そのためには伝えて「響く」という事が絶対に大切ですので、こうして目標の一つが手応えになった日は台風で天気が荒れていようとも、私の気持ちはとっても晴れ渡る訳です。

と、そんな嬉しい週末を終え、昨日は自由時間を作って、取り壊しと保存の狭間で揺れ続けているカプセルタワービル(設計:故黒川紀章さん)を見に銀座へ建築探訪にでかけました。
Img_6cb809af4b938d4868bd7461a261ff01
Img_0929f6bf8ff898450240788aa2c0bb92
同じく銀座にある、谷口吉生さん基本設計の銀座シックスにも立ち寄ったり、老舗文房具屋の伊東屋さんで散財したり、気づけば午前から夕方近くまでずっと銀座で過ごしておりました。銀座には今まで縁がありませんでしたが、裏通りの街並みや建物もレトロな味わいがあって散策するのも楽しい、飽きない街でした。あと、私はデパ地下散策も好きなので、百貨店を地下鉄の駅へつながる通路だと思って通過しようにも、ついついお菓子売り場をチェックしてしまうから時間がかかっちゃうんですよねえ・・・。

こんな風に、平日に息抜きしながら、また今週末もイベントは続きます。
11/3(祝金)→ SABOTENSエキシビションにてオープニングトークイベント
11/4(土) → 「建築と革命会議 #2」ゲストスピーカとして詩人のmidoさんとトーク
11/5(日) → 緑の本棚さん「ミニチュアもじゃハウス展」最終日 18時まで在廊

各イベントの詳細は前記事にて紹介しておりますので、そちらをご覧ください。
当日の動きなどもツイッターで気まぐれにつぶやいておりますので、合わせてチェックして頂くと幸いです!

▲もじゃハウスプロダクツがツイッターをはじめました!
@MojyaHouse →  (Click!)